Yahoo!ボランティア

Yahoo! JAPAN

  1. HOME > 
  2. ニュース > 
  3. 福島に4077人のボランティアとアーティストが結集!RockCorps supported by JT 2016 セレブレーション実施レポート!

ニュース

福島に4077人のボランティアとアーティストが結集!RockCorps supported by JT 2016 セレブレーション実施レポート!

(2016.09.12 10:00)

●待ちに待ったセレブレーション当日!福島県PRステージでは大黒摩季さんが会場を一つに!

2016年9月3日(土)、福島県福島市あづま総合体育館にて、「RockCorps supported by JT 2016」を締めくくるライブイベント “Celebration(セレブレーション)”が開催されました!
セレブレーション実施レポートをお届けします!

台風が通り過ぎて秋のはじまりを感じる爽やかな空のもと、福島県あづま総合体育館に4,077名のボランティア参加者が集結しました!
会場の広場には、参加者を出迎える出店がアーチ型に立ち並び、東北の美味しい味覚が勢ぞろい。お揃いのRockCorps Tシャツを身の纏った参加者のみんなが、ボランティアの写真が飾られたフォトパネルの前で記念撮影をしたり、メッセージボードに思い思いのコメントを書き込む姿がありました。
そして、会場のいたるところで、ボランティアをしたときに一緒に作業をしたメンバーとの再会も。嬉しそうに声を掛け合う様子はRockCorpsならではの光景です!

13時の開場後、福島県PRステージがスタート!
福島県の内堀雅雄知事が登壇し、MCのやまだひさしさん、RockCorps2016公式アンバサダーの高橋みなみさんと一緒に、ゲストを呼び込みます。
この福島県PRステージの応援に駆け付けてくれたのは大黒摩季さん!
大黒摩季さんはトークのなかで、震災直後に訪れた際に見た閑散とした福島の状況について触れ、「昨日福島に来て、タクシー、バス、人がいっぱいいて、それだけで涙が出てしまった。」と福島に対する思いを話してくれました。
ステージでは3曲を披露し、最後の一曲「ら・ら・ら」では、「みんなで一緒に歌おうよ!これからもRockCorpsが続くようにさ!」と、高橋みなみさん、やまだひさしさん、福島県の内堀雅雄知事も巻き込み、観客との掛け合いも織り交ぜながら、会場全体で大合唱!
大黒摩季さんのパフォーマンスに、会場は一体感に包まれ、最後は「まだまだ一緒にいよう福島!」とメッセージを送ってくれました。

●ついに開幕! Aqua Timez、HY、ASIAN KUNG-FU GENERATION、カーリー・レイ・ジェプセンが圧巻のパフォーマンス!

14時に「RockCorps supported by JT 2016」を締めくくるライブイベント“Celebration(セレブレーション)”が幕を開けました!
開演に先立って、福島県出身のDJ NANASHIMAさんがDJパフォーマンスを行い、続くオープニングアクトには岩崎愛さんが登場!セレブレーションの開幕に花を添えてくれました。

そして、セレブレーションのMCを務める、公式アンバサダーの高橋みなみさんが再び登場すると、観客からより一層大きな歓声が!
高橋みなみさんは「(観客も皆)同じTシャツを着ているので、ただいま感があって最高!」と興奮気味にコメントし、さらに「今日はハメを外して、汗だくになって帰ってください!」と、この特別な日を楽しんでほしいと想いを語りました。

セレブレーションのトップを飾ったのは、昨年デビュー10周年を迎えた5人組ロックバンドのAqua Timez。ステージに登場し、1曲目に大ヒットソング「虹」を披露すると、会場は一気に観客の熱気に包まれました。
ボーカルの太志さんは「ボランティアと音楽は決して人を一人にしない。だから、皆を一つにするために今日は来ました。」と今回参加したRockCorpsへの想いを熱く語りかけてくれました。

また、メンバーのMCでは「古民家再生のボランティアに行った時のタオルを持ってきたけど、(色々なボランティア活動の中で)一番きつかったらいしいね!(笑) どんなフェスのタオルよりも汚れていて、このタオルを見ると思い出すよ!(笑)」と話し、今回のイベントの思い出を語ってくれました。

ケツメイシのDJ KOHNOさんのパフォーマンスでさらに会場が盛り上がる中、次に登場したのは、沖縄から世界へ音楽を届けているHY。
「福島の皆さん、ハイサーイ!」とメンバー全員が元気よく登場すると、観客からも「ハイサーイ!」と一気にHYらしい沖縄ムードへ。

ボーカルの新里さんは「ボランティアは1人だと大変なことでも、みんなが一つになればできないことはないよね。」とボランティアに参加した時の思い出を振り返っていました。
次々と人気曲を披露していく中、「今日の観客は手の振り方にキレがあるね!ボランティアで草刈りした成果が表れている!」と笑いをとる場面もあり、会場のボルテージを更に盛り上げてくれました!

続いて、ジャパン・ロックの金字塔、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが登場!
冒頭から『Re:Re:』『振動覚』『リライト』を一気に披露すると、会場全体が手を挙げて音楽に乗って、熱い盛り上がりを見せました!
ボーカルの後藤さんは「ロックを始めようと思ったのが、僕らは結構遅くて。友達が貸してくれたCDがきっかけで。その友達が福島県出身で、勝手に(福島に対して)特別な思いを抱いています。福島になんか恩を感じているんです、僕。」と、福島との意外な繋がりを語ってくれました。

ステージは、まだまだ続きます!
ケツメイシのDJ KOHNOさんのプレイに合せて、1 FINGERの8人がパフォーマンスを行い、会場をさらに盛り上げてくれました!

そして、セレブレーションのラストステージは、海外から、世界的大ヒットを生み、親日家としても知られているカーリー・レイ・ジェプセンが登場!
ミュージックビデオに日本で撮影がされたシーンがあることで日本でも有名になった『RUN AWAY WITH ME』からライブがスタート。ステージ上を大きく動き回り、圧巻のパフォーマンスを披露してくれました!
最後は、日本でも大ヒットとなった『CALL ME MAYBE』『I REALLY LIKE YOU』の2曲が流れ、『I REALLY LIKE YOU』では、大サビに入ると同時に、会場に銀テープが発射!
会場のボルテージは最高潮に達しました!
最後に、「このライブを作ってくれて、そして盛り上げてくれて本当にありがとう!みんなのこと愛してるよー!!『I really like you!』」と、最高のメッセージと曲で「RockCorps supported by JT 2016」を締めくくりました。

最後にステージに登場したRockCorps公式アンバサダーの高橋みなみさんは、
「改めて、皆とともにRockCorpsに参加して、自分にもやれることがあるんだと実感しました。また会いましょう。」と、セレブレーションまでを振り返りました。

会場全員が“4時間のボランティア”という共通の経験を持つこのRockCorpsは、温かな一体感に包まれた中、幕を閉じました。
参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました!!

▲このページの先頭に戻る

●RockCorps参加アーティストの想いをインタビュー!

ステージで熱いセレブレーションが行われているその裏側で、アーティストへのインタビューを実施!
RockCorpsの活動や理念に賛同してくれたアーティストのみなさんは、実際にどんなことを感じていたのか? ボランティア参加時の様子や、セレブレーションについてなどなど、ご自身の言葉で語ってくれました!

≪大黒摩季さん≫
Q:パフォーマンスを終えて、感想を教えてください。
大黒さん:3曲あっという間でした。「あげられるものは全部あげる!エネルギー持っていって―!」という気持ちで、走り抜けてしまったので、正直あんまり覚えていないです。(笑)

Q:RockCorpsは“4時間のボランティアをした”方々のみが観客のライブですが、他のライブとの違いはありましたか。
大黒さん:観客の皆さんの一体感がありました。普通のライブだと、全国から皆さんがバラバラに来るので、(会場が)温まるのに時間がかかるんです。けど、もうひと仕事皆でファミリーとなってやっていきているので、1曲目に『熱くなれ』を歌ったんですけど、こっちが言わなくても皆さん熱くなっていましたね。(笑)
そういう意味では、皆で一つのことをした一体感が絶妙にありました。

Q:ステージで『昨日、福島駅に着いて涙した』と仰っていましたが、そこから、本日ステージに立つまでどのようなお気持ちでしたか。
大黒さん:自分の体が全てを記憶しています。(5年前)誰もいなくて、野良猫や木に止まってる鳥さえもいなくて、動きが止まった駅を見ました。その後、私も福島を回りながら手伝ってきたけど、その時間頑張っていた福島にご褒美を上げたいです。そして、街にいた1人1人が頑張った結果があの駅だと思います。

≪Aqua Timez≫
Q:パフォーマンスを終えて、感想を教えてください。
太志さん:ボランティアをしたときと同じタオルでステージに立ちましたが、あの日と繋がっているような、有意義なステージでした。

Q:どのような想いを込めて、パフォーマンスをされましたか。
大介さん:初めて福島市でライブをしたので、とても良かったです。ボランティアで出会った人とライブを楽しめました!

Q:他のライブイベントとは違う感覚はありますか。
太志さん:ボランティアの時、スタッフの人も同じように作業をしていて、全員が同じことをしているのは気持ちがいい。ボランティアをしてフェスに行く行動力は凄い!そんな皆に尊敬の念を込めてステージに立つことができました。

≪HY≫
Q:パフォーマンスを終えて、感想を教えてください。
名嘉さん:凄い盛り上がりでした!他と違うのは、ボランティアを通して思いが一つになったから、結束力が他のイベントとは違いました。
作業で最後まで一緒に汗をかいた仲なのでフェスでのライブは一体感はあった。(ボランティアの際に)また会おうねと交わしました。

Q:他のライブイベントとは違う感覚はありますか。
名嘉さん:やっぱりボランティアをしないともらえないTシャツを着て皆でボランティアって最高だなって思う。フェスっていうのは他のアーティストのファンたちも、僕たちを受け入れてくれるイベントですし、このような繋がりは、次のロックコープスや未来に繋がるイベントだった。ほんとに演奏を終わりたくなかったです。

Q:RockCorpsに参加された方々にメッセージをお願いします。
新里さん:ボランティアを通して初めての経験っていっぱいあったと思う。
人って一人で生きていくのは大変だけど誰かのために何かしたいという気持ちが必要だと実感しました。

≪ASIAN KUNG-FU GENERATION≫
Q:パフォーマンスを終えて、感想を教えてください。
後藤さん:とても楽しく演奏できました。全員がボランティアを終えてきてくれているので、温かく迎えていただいて、楽しい時間でした。
喜多さん:そうですね、本当に温かく楽しんでくれている感じがして、良いステージでした。

Q:ボランティアに参加された際に、参加者からの「ソラニンを歌ってほしい」とリクエストがありましたが、今回のセットリストに込めた想いを教えてください。
喜多さん:忘れないように手帳に“ソラニン”と書いていました(笑)。最後の、“転がる岩、君に朝が降る”にうまく繋がるような流れを意識していました。

Q:福島県のみなさんへのメッセージをお願いします。
後藤さん:とても素晴らしいイベントに参加できて嬉しく思っています。またツアーで来ることもあったり、毎年南相馬市の花火大会で演奏させてもらっているので、また、どこかでお目にかかれることがあれば、嬉しいです。

≪高橋みなみさん≫
Q:セレブレーション会場に立った感想を教えて下さい。
高橋さん:日本で開催されるのは3回目となりますが、今回アンバサダーとして初の参加をしました。MCのやまだひさしさんから「一体感がすごい」と言われていて気になっていたのですが、同じボランティアを経て、そしてここにまた集合して、セレブレーションで打ち上がる一体感は素晴らしいと思いました。

Q:他のライブイベントとは違う感覚はありますか。
高橋さん:普通のライブなら、自分がステージに立ち、観客が来てくれるのですが、RockCorpsは同じ時間を共有して、今日この場所でまた会えるというのは不思議な気持ちになりました。
先ほども客席を見ていたが「あ、あの人だ!久しぶり!」という気持ちがあった。
そこが普通のライブとは違うなと思いました。

Q:RockCorpsの仕組みについてどう思われますか。
高橋さん:やりたいと思っても日本のボランティアは、まだ手が伸ばしにくいと思います。
だけど、実際に足を運んでみて、「ありがとう」と言われたり、やりがいを感じることがたくさんあったりするので、その恐れを少し置いて、「楽しむぞ」という気持ちでやってほしいです!

≪カーリー・レイ・ジェプセンさん≫ 【9月2日(木)時点でのインタビュー】
Q.本日のボランティアに参加した感想はいかがですか。
カーリー:とても楽しめました!私は、絵が得意ではないから、上手に描けているか不安だけど、良い思い出になりました。皆さんと一緒に活動できて、すごく楽しい時間を過ごせました。

Q .「RockCorps」のコンセプトについてはどう思われますか。
カーリー:とても良い取り組みだと思います。ファンの皆さんと実際に触れ合って一緒にボランティアをして、セレブレーション(ライブイベント)でも一緒に楽しめるから、2つの楽しみがあって、素晴らしいコンセプトだと思います。

Q .明日のセレブレーションに向けて意気込みをお願いします。
カーリー:踊りたくてしょうがないです!(笑)
明日は、ライブ会場で皆と踊りながら楽しみたいと思っています!!
ライブは久しぶりだからワクワクしています!

●RockCorpsの様子が、BS-TBSにてテレビ放送決定!

2016年のRockCorpsの活動を追ったTV番組が、BS-TBSにおいて2夜連続放送されることになりました!
番組では、セレブレーションで行われたライブパフォーマンスに加え、5月22日から約3か月間にわたり実施されてきたボランティア活動の様子や、アーティストが参加したボランティアの映像など、「RockCorps supported by JT 2016」の様子を余すことなくお届けします。
ぜひみなさん番組放送をご覧ください!

<番組概要>
●放送日時/タイトル
・2016年9月28日(火) 夜23:00~23:54
「RockCorps2016~音楽の力が絆を生む!ボランティアからはじまる音楽フェス~DAY1」

・2016年9月29日(水) 夜23:00~23:54
「RockCorps2016~音楽の力が絆を生む!ボランティアからはじまる音楽フェス~DAY2」

●放送CH:BS-TBS

●番組詳細:http://www.bs-tbs.co.jp/genre/detail/?mid=rockcorps2016