Yahoo!ボランティア

  1. HOME > 
  2. セレブレーション > 
  3. アーティスト一覧

セレブレーション アーティスト一覧

※掲載は、参加発表順となります。

中島美嘉

1983年2月19日鹿児島県生まれ
http://www.mikanakashima.com/

Message

”音楽の力を通じて、社会貢献に呼びかける” 素晴らしい試みだと思います。
このイベントに参加させていただけること、非常に嬉しく思っています。
ボランティア活動に参加される方々を迎えてのライブ、
皆さんに敬意を持って一曲一曲、心を込めて届けていこうと思います。
当日皆さんとお会いできることを楽しみにしてます。

Profile

2001年、初めてレコード会社に送ったデモテープがきっかけとなり、ドラマ『傷だらけのラブソング』のヒロインとして大抜擢され、その圧倒的な存在感が大きな反響を呼ぶ。11月7日、同番組の主題歌「STARS」でデビュー。オリコン初登場3位と、新人としては異例の60万枚を超える大ヒットとなる。
2002年、1stアルバム『TRUE』は、オリコン初登場1位を記録し、発売3週間を待たずミリオンを突破。同年、"2002年ゴールドディスク大賞"新人賞、"第35回日本有線大賞"最優秀新人賞、"第44回 日本レコード大賞"最優秀新人賞を受賞し、"第53回 紅白歌合戦"出場。

2003年、初の全国ツアー【Mika Nakashima The First Tour 2003】が スタート。全国で3万人を動員。10月、10thシングル「雪の華」をリリースし、同曲で第45回 "日本レコード大賞"金賞を受賞。
12ndアルバム『LOVE』は、第45回 "日本レコード大賞"ベストアルバム賞(LOVE)受賞。オリコン初登場1位。160万枚を超えるセールスを記録する。
2005年、3rd アルバム『MUSIC』をリリース。オリコン初登場1位。8 月、映画『NANA』主題歌「GLAMOROUS SKY」をNANA starring MIKA NAKASHIMAとしてリリースし、オリコン2週連続1位を獲得。
2006年11月、映画『NANA2』主題歌「一色(ひといろ)」をNANA starring MIKA NAKASHIMAとしてリリース。12月、NANA starring MIKA NAKASHIMA としてDEBUT & LAST ALBUMとなる『THE END』をリリース。
2007年4thアルバム『YES』をリリース。4 月、ツアー【MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2007 YES MY JOY】がスタート。(~7月30日全国34ヶ所、45公演)。
2008年7月、26thシングル「I DON'T KNOW」を森三中とのコラボバンド「MICA 3 CHU」としてリリース。2009年4月、ツアー「MIKA NAKASHIMA TRUST OUR VOICE 2009」スタート。(~7月27日)

2010年8 月、シングル「一番綺麗な私を」(ドラマ「うぬぼれ刑事」挿入歌)をリリース。同年の USEN J-POP 年間総合ランキング1位を獲得。10月、当月27日に控えたアルバム6th「STAR」の直前に両側耳管開放症のため活動の休止を発表。
2011年、4月27日、約半年の休養後、シングル「Dear」(映画「八日目の蝉」主題歌)をリリース。
レコチョクフル月間ランキング1位を獲得し、その復活を飾った。
9月には、シングル「LOVE IS ECSTASY」(映画「アンフェアthe answer」主題歌)をリリース。
2012年9月、自身の出演でも話題になった洋画 「バイオハザードⅤ:リトリビューション」の日本版主題歌「明日世界が終わるなら」をリリース。

2013年1 月、オリジナル7thアルバム「REAL」をリリース。オリコンウィークリーランキング1位を獲得。
同年、声優に初挑戦した長編アニメ映画「怪盗グルーのミニオン危機一発」が公開。
2014年4月、キャバクラ嬢役で出演する品川ヒロシ監督映画「サンブンノイチ」が公開。6月、加藤ミリヤとの初コラボレーション・シングル「Fighter」をリリース。11月、ベスト・アルバム『DEARS』、『TEARS』を2枚同時にリリース。
2015年1月25日、全国ツアー「MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2015 "THE BEST" ~DEARS&TEARS~」をスタート。(~6月9日)
3月4日、ヒーリング・コレクション・アルバム「RELAXIN'」をリリース。

▲このページの先頭に戻る

PUFFY

大貫亜美
吉村由美
http://www.puffy.jp/

Message

「RockCorps supported by JT 2015」への参加にあたり、出演させていただくからには、最高に楽しいステージをお届けすることを約束いたします!!それにはやはりパフィーだけではなく、みなさまの力も大いに必要ですので、是非一緒に最高のステージを作りましょう!そしてこれだけは言っておきたいです。……あの曲、やるよ!

Profile

1996年、奥田民生プロデュースによるシングル「アジアの純真」でPUFFYとしてデビュー。
その後、「これが私の生きる道」「サーキットの娘」「渚にまつわるエトセトラ」etc を次々とヒットを連発。
全米NO.1アニメチャンネルである「カートゥーン・ネットワーク」にて、彼女たちを主人公にしたアニメ番組「ハイ!ハイ! パフィー・アミユミ」が世界110カ国以上で放送されるなど、日本のポップ・アイコンとして、世界を舞台に活動中。2016年には結成20周年を迎える。

▲このページの先頭に戻る

Message

アメリカのヒップホップでよく使われる言葉で“エデュテイメント”という造語があります。これはeducation(教育)とentertainment(娯楽)をくっつけた言葉です。つまり“楽しみながら勉強をする”という意味です。音楽が僕らに多くのことを教えてくれるのは、そこに“エデュテイメント”があるからなのだと思います。ボランティア活動を多くの人たちに広め、長く継続していくためには楽しくなければなかなか難しいものです。しかし、このRockCorpsの活動はその音楽の楽しさを通して社会貢献ができるという意味で、まさに“エデュテイメント”を体現している活動だと思います。今回、僕らの音楽もその大きな力の一部になれることが嬉しいです。

Profile

MICRO(MC)、KURO(MC)、U-ICHI(DJ)をメンバーとする、2MC+1DJのユニット。
大学時代に愛知県で出会い、結成。2004年5月Ki/oon Recordsからメジャーデビューを果たすと、「サンキュー!!」「少年ハート」「サルビアのつぼみ」などのスマッシュヒットを連発し人気を博す。

2009年には、グループとして一つの夢である単独武道館LIVEを成功させる。次回の開催で5回目を迎える“KAZOKU FES.”に加え、毎年、東日本大震災復興へ向けての応援イベント「届けよう!東海から元気を!」をエリア代表のアーティストとして牽引するなど地元愛知のミュージシャンのパイオニアとして活躍中。

「血は繋がっていなくても音楽を通して家族のような存在になる」をコンセプトに活動を続け、日本全国にファンを有するアーティストでありながらも、代表曲「HOME SWEET HOME」に表れているように、地元愛を大切に活動を続けるグループである。地元愛知県からは「LOVEあいちサポーターズ ~あいち音楽大使~」を受嘱。

2014年5月にメジャーデビュー10周年を迎えたHOME MADE 家族は、キャリア初となるベストアルバム『家宝~THE BEST OF HOME MADE 家族~』をリリース。そして2015年2月11日には、2年半ぶりとなるフルアルバム『Laughin' Road』もリリース!

6thアルバム『AKATSUKI』が初のアジア盤として台湾でリリースされるなど、海外での活動も精力的で、アメリカ本土やグアムでのミュージック?フェスティバルに出演する他、先日も2度目の南米公演となるブラジルでのフェス出演を果たすなど、ワールドワイドに活躍中!

グローバルに活動するHOME MADE 家族は、「家族」という言葉をワールド・スタンダードにするため、世界レベルでの活躍を誓う。

▼Official Website:http://www.home-made.jp/
▼Official YouTube Channel:https://www.youtube.com/user/homemadekazokuSMEJ
▼Official Twitter:https://twitter.com/HMKU_Official
▼Official Facebook:https://www.facebook.com/HomeMadeKazokuOfficial

▲このページの先頭に戻る

Message

RockCorps Japanへの出演が決まって感動しているよ。僕の音楽で東北を元気にしたいという想いがあって、迷わず出演を決めたんだ。
9月に日本のファンやボランティアに会えること、そしてみんなのボランティアの成果を一緒に称えられることを楽しみにしているよ。

When I was contacted about getting involved in RockCorps Japan I immediately felt inspired knowing that I will be able to help communities all over Tohoku. I can’t wait to meet my Japanese fans and all the volunteers, to congratulate them for their efforts in the Fukushima area.

Profile

will.i.amはグラミー賞を7回受賞したミュージシャン・音楽プロデューサー・マルチクリエーター・起業家・慈善活動家。
メンバーとして参加する「ブラック・アイド・ピーズ」は、アルバム3,300万枚、シングル5,800万枚を売り上げる世界中で有名なグループ。
またプロデューサーとしても数々の楽曲に携わり、マイケル・ジャクソン、リアーナ、アッシャー、ニッキー・ミナージュ、ブリトニー・スピアーズ、マイリー・サイラス、セルジ・オメンデス、デヴィット・ゲッタらのアーティストと共に、数々の名曲を生み出してきた。

will.i.amは世界で初めてNASAの「Curiosity Mars Space Lab」とコラボレーションし、“火星に自分の音楽を送ったアーティスト” としても知られる。

彼の活動領域は音楽に留まらない。オーディオメーカー「Beats Electronics」の創設者の一人であり、Beatsのヘッドホン クリエーターとしても活躍。2014年には電化製品業界で培った経験を元に、新たにウェラブルデバイス「i.am PLUS smart band」を発売している。
ファッションの領域では自身のブランド「ill.i Optics」を立ち上げ、プランナー・クリエイティブディレクターを務める。ユニセックスなアイウェアを発表し、ヒップホップや彼自身のエッセンスを取り入れたアイコニックでエッジの効いたデザインで好評を得ている。

また、彼の一面には、慈善活動家としての顔がある。
教育の大切さを伝えるための支援団体「i.am angel foundation」を創設し、子どもたちがきちんとした教育を受けることができ、未来のリーダーに成長することを目的に、継続的な活動を行っている。
そこでは、「STEAMプログラム ( S:科学、T:テクノロジー、E:エンジニアリング、A:美術、M :数学 )」の大切さを唱え、子どもたちが学校外でもこれらに触れることができる機会を作っている。
その活動の一例として、2015年にはミズーリ州の高校生たちにSTEAMプログラムの意義や、科学・数学を学ぶことの大切さを語り、「2015 FIRSTロボティクス チャンピオンシップ」に彼らと参加した。現在も、アメリカだけではなくイギリスでも、STEAMプログラムを広めるために継続して活動している。

また彼の活動の一つとして「TRANS4M Benefit」を毎年グラミーウィークにハリウッドで開催。世界中から各界で活躍するゲストを招き、自身が行う様々な活動の意義を訴えている。2013年に開催した「TRANS4M Benefit」では、元アメリカ合衆国大統領 ビル・クリントンがスピーチし、アリシア・キースがライブを行われるなど、大きな盛り上がりを見せた。

2013年には、「the World Economic Forum」において、STEAMプログラムの提唱者としての活動を認められ「Young Global Leader」の一人に選ばれている。さらに同年、雑誌フォーチュンマガジン40が選ぶ「注目すべき若手ビジネスリーダー」にも名を連ねている。

■主な受賞歴
・グラミー賞受賞(7回)
・ラティングラミー賞
・エミー賞
・CLIO賞受賞(2回)
・NAACPイメージ賞受賞(2回)
・Root.com賞
・VH1 Do Something 賞
・BMIPresident’s賞
・Webby賞

▲このページの先頭に戻る

セレブレーション Special DJ

DJ KOHNO(from ケツメイシ)

Message

昨年に引き続き出演出来る事が大変光栄です。
音楽を通じて日本のシーンと世界のシーンが繋がる場所がある事が本当に良いと思います。 昨年のNE-YOが凄くパワフルに演ってくれたのに負けない位の1日にしていきたいと思います!

Profile

ケツメイシDJ担当。
ライブの選曲リーダー。楽曲制作では最も飛び道具的なアイデアを出し、洗練を極めるケツメサウンドにスクラッチで現場の味をプラス。
09年にミックスCD『I LOVE R&B ~The New Decade int.』をリリース。関ジャニ∞「輝ける舞台へ」(『FIGHT』収録)を楽曲提供している。
音楽・スポーツ・お酒をこよなく愛すグループ最年少。クラブイベントでのDJ活動も精力的に展開中。

セレブレーション DJ

DJ NANASHIMA

90年代にDJを始める。2000年には地元である福島にCLUB 「NEO FUKUSHIMA」を立ち上げ、現代表。
TECH HOUSE、TRIBAL、BRAKESを中心とした幅広いダンスミュージックの旬な曲を用いて動きのある展開をするプレイスタイルを得意とする。東日本大震災以降には様々な行動という観点に刮目し「act.」、「unbeaten」というパーティーを立ち上げ、様々なアーティストと共に表現をし続けている。
昨今は屋内のみならず野外イベント・フェスで精力的にプレイし、日本のみならず海外にも活動拠点を広げる。

▲このページの先頭に戻る

セレブレーション MC

2000年5月に第37回ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞受賞。
ナレーション、映画の吹き替え、声優、MCなど精力的に活動。
また環境問題にも積極的に取り組み、環境省主催のエコと音楽が融合したライブイベント「Re-Style LIVE」の総合プロデュースも、第1回開催の2003年より担当。
●TOKYO FM/38 STATIONS 『やまだひさしのラジアンリミテッドF』FRI 25:00~29:00
●レギュラー番組や個人での東日本大震災復興応援プロジェクトも継続中。
●ニコニコ動画「やまだひさしのニコラジ」MON/TUE/WED/THU 22:00-23:00放送

70’sフォーク、90’sオルタナティブロック他多彩な音楽を背景に持つ大阪府出身シンガーソングライター。
’07年春デビュー。’08年にはDREAMS COME TRUEとのツーマンアリーナツアーを行う。これまでに5枚のアルバムをリリース。確かな歌唱力、凛々しいパフォーマンスと、フランクに音楽を楽しむ姿勢で観客を魅了しライブパフォーマンスの評価も高い。
‘13にはBa.TOKIE(Losalios, unkie等)、山口美代子(DETROITSEVEN)と共に女性3ピースロックンロールバンドTHE LIPSMAX結成。
作詞作曲、アコギをはじめとする他楽器も演奏/録音するスタンスから、音楽を多面的に捉えた視点を生かし、’10年春よりLOVE CONNECTION パーソナリティとして生放送を担当している。
●TOKYO FM 『LOVE CONNECTION』
MON/TUE/WED/THU/FRI/ 11:30~13:00

▲このページの先頭に戻る

セレブレーション

開催概要|アーティスト一覧|会場案内セレブレーションに関する注意事項

RockCorpsに参加しよう!(メンバーサイトへ)