Yahoo!ボランティア

  1. HOME > 
  2. セレブレーション > 
  3. アーティスト一覧

セレブレーション アーティスト一覧

※掲載は、参加発表順となります。

NE-YO

1979年10月18日生まれ
アメリカ合衆国出身
http://www.neyothegentleman.com
http://www.universal-music.co.jp/ne-yo/

Message

日本初開催のRockCorps に参加できることを非常に嬉しく思っています。
これまでボランティアに参加してくれた皆さんや、協力してくれた方に敬意を表して僕の音楽を届けたいと思います。

I am very excited to be a part of the first year of RockCorps Japan.
I look forward to using my music to honor the volunteers for their hard work.

Profile

グラミー賞受賞シンガー/ソングライター/作曲家/プロデューサー。音楽界で最も才能豊かで多作の彼の名は、NE-YO。デビューからアルバム3枚 をビルボード1位に送り込み、全世界トータル1000万枚を売り上げ、日本でも全作品プラチナ以上の売り上げを記録している。過去に3度グラミー賞受賞(ノミネートは12回)の実績を持つNE-YOは、ビヨンセ、リアーナ、アッシャー、セリーヌ・ディオンなど世界のトップアーティストに楽曲も提供している。

2012年にリリースされた“Let Me Love You” 、 “Should Be You.”などのシングルヒット曲を含む、彼の5作目のアルバム「R.E.D」(Realizing Every Dream/すべての夢を知覚する)は、R&Bスーパースターの彼を、さらなる高みへともたらし、渾身の音世界を魅せつける作品となった。2006年リリースのデビューアルバム“In My Own Words”は発売同時に、ビルボードチャート1位を獲得し、わずか1週間で301,000枚のセールスを達成した。また、スターゲイトプロダクションやMartin Linss監督が制作を手掛け、プラチナムヒットとなった“So Sick,”は、全世界で爆発的なヒットを記録し、彼を一気にスターダムへと押し上げた。

才能溢れるシンガー、作曲家、プロデューサーである一方で、NE-YOは、俳優としても才能を開花させてきた。ジョージ・ルーカスが製作総指揮を務めた「レッドテイルズ/RED TAILS (2012年)」をはじめ、「ストンプ・ザ・ヤード/Stomp The Yard (2007年)」、 「世界侵略: ロサンゼルス決戦/Battle: LA (2011)」、「セイブ・ザ・ラストダンス 2/Save the Last Dance 2 (2006)」など過去に数多くの話題作に出演している。

また、社会貢献活動にも深く従事しており、2007年には、児童福祉制度の向上を目的としたNPO法人“Compound Foundation”設立。住宅介護団体やグループホーム団体と協力し、様々な教育プログラムを通して、若者の夢の実現をサポートする活動を行っている。2012年には、モータウンへ移籍し、同レーベルのA&R部門のVPに就任、新人育成にも関わっている。

▲このページの先頭に戻る

コブクロ

黒田俊介 : 1977年3月18日生まれ
小渕健太郎 : 1977年3月13日生まれ
http://kobukuro.com/

Message

東日本大震災で被災された方々やその街には、復興の為にまだまだ多くの人の力が必要です。そんな中、こうして音楽を通して一つでも力になれる事、とても嬉しく思います。

ボランティアの際に、皆さんが拾い上げてきた一つ一つの気持ちが、この「RockCorps」の会場に、見えない優しさとなって集まっている事でしょう。その想いに答えられる最高のパフォーマンスが出来るよう、全力で歌います。

参加される皆さん、復興を支える縁の下の力持ちとして、どうか頑張ってください。応援しています! コブクロ

Profile

小渕健太郎は1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。黒田俊介は1977年3月18日生まれ。大阪府出身。共にそれぞれ単独でストリート・ライブをやっていた二人は、1998年9月に「コブクロ」を結成。インディーズ時代から幅広い世代の支持を集め、2001年3月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL~エール~/Bell」でメジャーデビュー。

2005年5月、日本テレビ系ドラマ「瑠璃の島」の主題歌として発売された「ここにしか咲かない花」、同年11月に発売した「桜」が共に大ヒットを記録。同年12月発売のアルバム「NAMELESS WORLD」はオリコン初登場1位、100万枚突破を記録。年末のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。

2006年9月には初のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」をリリースし、オリコン4週連続1位を獲得。350万枚の売り上げ。

2007年3月にはフジテレビ系ドラマ「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」の主題歌「蕾(つぼみ)」がリリースされた。12月には「蕾(つぼみ)」「君という名の翼」「蒼く 優しく」、映画「銀色のシーズン」主題歌、「WHITE DAYS」を含む6枚目のオリジナル・アルバム「5296」をリリースし180万枚のセールス。「蕾(つぼみ)」が第49回日本レコード大賞を受賞。翌年3~6月には、14都市33公演に渡る全国ツアー「KOBUKURO LIVE TOUR '08 “5296”」(27万人動員)を大成功のうちに終了。

2010年、初のカバーアルバム「ALL COVERS BEST」を40万枚限定で販売し、即完。初のスタジアムライブ『「KOBUKURO STADIUM LIVE2010』を大阪の長居競技場、東京味の素スタジアム、宮崎の生目の杜(いきめのもり)運動公多目的グラウンドで実施し、22万人を動員。11月17日(水)にフジテレビドラマ『流れ星』主題歌のシングル「流星」発売。2011年8月末に休養を発表。

2012年7月に復活宣言し、9月5日(水)に「ALL SINGLES BEST 2」をリリースし100万枚を突破。9月9日(土)には、大阪の万博公園にて5万人を動員してフリーライブを実施。

2013年5月11日より、2年ぶりのツアー「KOBUKURO LIVE TOUR 2013   One Song From Two Hearts  supported by glico 」。7月20日、21日には、初のドーム公演となる京セラドーム大阪でのライブを予定。7月24日(水)、ダブルAサイド・シングル「One Song From Two Hearts/ダイヤモンド」をリリース。「ダイヤモンド」は、2013 ABC夏の高校野球応援ソング。12月18日(水)に4年4か月ぶりとなるオリジナルアルバム「One Song From Two Hearts」リリース。

2014年 NHKソチオリンピック・パラリンピック放送 テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」を2月にシングルリカットリリース。同年5月17日より全国TOUR「KOBUKURO LIVE TOUR2014 “陽だまりの道”」がスタート。6月4日(水)にはニューシングル「陽だまりの道」をリリースする。

▲このページの先頭に戻る

May J.

1988年6月20日生まれ
http://www.may-j.com

Message

日本開催初となるRockCorpsに参加させて頂き、とても嬉しいです。
私は音楽で少しでも誰かを笑顔にしたり、明日に向かって行くためのパワーを届けたいという気持ちで歌わせて頂いてます。
参加される皆さんと音楽を通じて一つになれるのをとても楽しみにしています。

Profile

日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。幼児期よりダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。
圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ繊細な歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を受けている。

2006年7月12日ミニアルバム「ALL MY GIRLS」でメジャーデビュー。
2009年リリースの2ndアルバム「FAMILY」では、「Garden」のカヴァーで一躍注目を集め、同曲の累計配信は200万DLを突破し、オリコンウィークリーチャート初登場4位を記録。3rdアルバム「for you」と2作連続でTOP10入り。
2013年2月に初のベストアルバム「May J. BEST」をリリース。
2013年6月にはカヴァーアルバム「Summer Ballad Covers」を発売し、オリコン5週連続TOP10入り、累計30万枚突破の大ヒット。最新カヴァーアルバム「Heartful Song Covers」は今世紀初の女性カヴァーアルバムとしてオリコン8週連続TOP10入りを果たす。記録的な大ヒットで社会現象にもなった、2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌を担当し、その歌声でお茶の間人気を不動のものにしている。

テレビ・ラジオのレギュラーMCや多数のCM出演でも活躍中。
2014年7月に過去最大規模の全国ツアー「May J. Tour 2014 ~Message for Tomorrow~」を開催。

▲このページの先頭に戻る

flumpool

山村 隆太 (Vo):1985年01月21日
阪井 一生 (Gt):1985年02月26日
尼川 元気 (Ba):1984年11月27日
小倉 誠司 (Dr):1984年02月27日
http://www.flumpool.jp/

Message

2005年から世界各国で開催され続け、これまでボランティアに参加された方は14万人と聞きました。そして、今年“東北復興”という大きなテーマを持って、日本にて『RockCorps』が初めて開催される事に対する喜びを、一ミュージシャンとして、そして一個人として、強く感じています。

今回、“セレブレーション”というボランティアに参加された方々を迎えてのステージに僕らflumpoolが立てる事になりましたが、まだまだ若輩者の僕らが皆さんに伝えられる事は少ないと思いますが、ボランティアに参加される方一人一人がお持ちになられている“温かい気持ち”に対して、僕らは精一杯敬意を表して歌を届けたいと思います。

2011年3月以降、特に感じてきた「僕らの存在意義」「僕らが社会に対してやれる事」という部分を考えながら、もちろんセレブレーションだけではなく、この『RockCorps』という新たな社会貢献の場に参加させて頂きたいと思っていますので、宜しくお願いします。

flumpool 山村隆太、阪井一生、尼川元気、小倉誠司

Profile

2008年10月、ダウンロード・シングル『花になれ』で鮮烈なデビューを飾り、ミニアルバム『Unreal』では、アルバムウイークリーチャート2位を獲得。そして、デビューから僅か1年という凄まじいスピードで日本武道館2Days公演を即完売させ、その後も『残像』、『君に届け』、『証』などドラマや映画の主題歌をはじめとしたヒット作を次々にリリース。

デビューから常にチャートを賑わせ続け、NHK紅白歌合戦には3年連続で出場。また、アリーナ規模でのスペシャルライブも数多く開催する中、これまで5度の全国ツアーを開催。2012年には過去最大規模となる全国42箇所52公演のツアーで延べ10万人を動員。

2013年1月には、横浜アリーナ・大阪城ホールでアリーナ4Daysライブを開催し、4万人を超えるオーディエンスを熱狂させ、3月には台湾・香港・シンガポールでのCDリリースや初の台湾ワンマンライブなど、アジア圏での活動も本格的にスタート。ライブパフォーマンスに加え、全編中国語でのMCでも大きな反響を呼んだ。また、5周年記念日の10月1日・2日に日本武道館にて開催したアニバーサリーライブは、発売直後に即完売。10月には中華圏を中心とするアジア全域で絶大な人気を得ているMaydayとのコラボレーション楽曲「Belief ~春を待つ君へ~」(映画「おしん」主題歌)をリリースし、国内外からも注目を集めた。

そして、2014年5月、初のベストアルバム『MONUMENT』をリリースし、現在デビュー5周年イヤーの中、全国ツアー『MOMENT』を開催中。本ツアー最終公演は『MOMENT』<ARENA SPECIAL>と題して、横浜アリーナ・大阪城ホールにてスペシャルライブを4日間開催するが、チケットは全公演、即日ソールドアウトとなっている。

▲このページの先頭に戻る

セレブレーション DJ

DJ KOHNO

ケツメイシDJ担当。
ライブの選曲リーダー。楽曲制作では最も飛び道具的なアイデアを出し、洗練を極めるケツメサウンドにスクラッチで現場の味をプラス。
09年にミックスCD『I LOVE R&B ~The New Decade int.』をリリース。関ジャニ∞「輝ける舞台へ」(『FIGHT』収録)を楽曲提供している。
音楽・スポーツ・お酒をこよなく愛すグループ最年少。クラブイベントでのDJ活動も精力的に展開中。

DJ NANASHIMA

90年代にDJを始める。2000年には地元である福島にCLUB 「NEO FUKUSHIMA」を立ち上げ、現代表。
TECH HOUSE、TRIBAL、BRAKESを中心とした幅広いダンスミュージックの旬な曲を用いて動きのある展開をするプレイスタイルを得意とする。東日本大震災以降には様々な行動という観点に刮目し「act.」、「unbeaten」というパーティーを立ち上げ、様々なアーティストと共に表現をし続けている。
昨今は屋内のみならず野外イベント・フェスで精力的にプレイし、日本のみならず海外にも活動拠点を広げる。

▲このページの先頭に戻る

セレブレーション MC

2000年5月に第37回ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞受賞。
ナレーション、映画の吹き替え、声優、MCなど精力的に活動。
また環境問題にも積極的に取り組み、環境省主催のエコと音楽が融合したライブイベント「Re-Style LIVE」の総合プロデュースも、第1回開催の2003年より担当。
●TOKYO FM/38 STATIONS 『やまだひさしのラジアンリミテッドF』FRI 25:00~29:00
●レギュラー番組や個人での東日本大震災復興応援プロジェクトも継続中。
●ニコニコ動画「やまだひさしのニコラジ」MON/TUE/WED/THU 22:00-23:00放送

70’sフォーク、90’sオルタナティブロック他多彩な音楽を背景に持つ大阪府出身シンガーソングライター。
’07年春デビュー。’08年にはDREAMS COME TRUEとのツーマンアリーナツアーを行う。これまでに5枚のアルバムをリリース。確かな歌唱力、凛々しいパフォーマンスと、フランクに音楽を楽しむ姿勢で観客を魅了しライブパフォーマンスの評価も高い。
‘13にはBa.TOKIE(Losalios, unkie等)、山口美代子(DETROITSEVEN)と共に女性3ピースロックンロールバンドTHE LIPSMAX結成。
作詞作曲、アコギをはじめとする他楽器も演奏/録音するスタンスから、音楽を多面的に捉えた視点を生かし、’10年春よりLOVE CONNECTION パーソナリティとして生放送を担当している。
●TOKYO FM 『LOVE CONNECTION』
MON/TUE/WED/THU/FRI/ 11:30~13:00

▲このページの先頭に戻る

セレブレーション

開催概要|アーティスト一覧|会場案内セレブレーションに関する注意事項

RockCorpsに参加しよう!(メンバーサイトへ)